みつ語林(や~よ)

やどかりちゃんやどかりちゃん

ナマコちゃんの大ヒットにより懐具合が豊かになった吉岡におサイフ女としてのポジションを奪われそうになった杉崎は、
友人への嫉妬心をこじらせた挙句、激しい自己嫌悪に陥ってしまう。
そこに偶然居合わせた壁もといひとはのアドバイスにより、ナマコちゃんに対抗すべく生み出した作品、それが「やどかりちゃん」である。
しかし財力に物を言わせて制作した絵本やグッズは全く売れず、返品の山を築くことになる。
所詮素人の二番煎じだったことに加えて、みつばたちに「うんこの絵本」と誤解されたように見た目がアレだったことも一因かもしれない。

矢部っちやべっち

矢部智の生徒たちからの愛称。友達感覚のこの呼び方もまた、生徒に親しまれる彼らしさの現れと言えよう。

矢部の部屋やべのへや

矢部が一人暮らししているアパートの一室。3階建てアパートの3階にある。
フローリングの洋室にベッドやテレビ・パソコン・本棚などが所狭しと置かれている。風呂・トイレ付き。キッチンは玄関と洋室の間にある。洗面台は浴室内に設置されている。
男の一人暮らしらしく、部屋の中には通販の段ボール箱やゴミ袋、エロ本等が散乱している。そのせいか部屋にはしょっちゅうゴキブリが出没している。
ひとはに勝手に合鍵を作られており、チクビに会いに来るという口実で休日の朝は侵入を許している。合鍵は今ではクラスの落とし物BOXで共有されているらしい。

なおいくつかの状況証拠から、作中を通してずっと同じ部屋ではなく、何度か引っ越ししている可能性がある。
エピソード部屋番号ドアの開きドアノブ備考
13卵性『チクビのたつ頃に』外開き右側
52卵性『イニシャルG』外開き右側ふたばが床を破壊した。
150卵性『突撃!晩ごはん』
217卵性『冬のファンタG』303号室内開き右側
284卵性『魔女の直送便』302号室外開き右側ふたばがお風呂と壁に穴を開けた。
316卵性『残念-泊まってはいけない部屋-』302号室内開き左側事故物件。6年前お風呂場で女性が自殺(のちに殺人だったと訂正)したらしい。
部屋が変わっているのは、ふたばに部屋を破損されたタイミングだとも考えられる。217卵性284卵性の間の引っ越しの理由は謎だが…。
なお335卵性を最後に矢部が実家に戻ったため、これ以降は「矢部の部屋」としては登場しないかもしれない。

よしおか脳内相かん図。よしおかのうないそうかんず。

コミックス5巻及び17巻に収録された吉岡の脳内における人間関係の図式。それぞれの巻までに彼女が目撃した周囲の恋模様を矢印で表現したものである。
ただし彼女が見出している矢印には、吉岡式とも呼ばれる独自の変換ロジックによって大きな補正がかかっていることは留意しておくべきだろう。
「節操なさすぎる…」

よしおか脳内相かん図。Ver.1.0 (5巻巻末収録)Ver.2.0で消えたもの

吉岡式相かん図 Ver.2.0 (17巻収録)Ver.2.0で増えたもの

吉岡式相かん図 237卵性『ナイトメアー・ビフォア・アナザー』で提示された簡易版)

先頭に戻る