猫と女児の私
ねことじょじのわたし

構成

アオリ文

実録2コマ漫画を2つほど、猫と私は毎日一緒。

作者キャッチ

少年チャンピオンコミックス『みつどもえ』18巻発売中。

詳細

月刊モーニング・ツー(講談社)2017年4号に掲載された読み切り作品。2月22日の猫の日に合わせたネコ漫画特集企画『モーニング・ニャン』に寄稿された。
内容はのりお女児による猫ライフの実録(?)漫画。タイトル画に相当する「猫に初めて触る女児ごっこ」と、2コマ漫画「なまえ」「つけちゃう」の2本が1ページの中で描かれた。登場人物は女児(のりお先生)と姉、そして世界一の猫であるマムロン。

キャラクター

女児(のりお先生御本人。ランドセル&吊りスカート&スクールハットを被ったお下げの女児。ルックス的には7~9歳くらい?)
  • 「うわっ…わぁ~~っ ねこちゃんだ~~」
  • 「いいこいいこ」
  • 「そ……そうだよ…」
  • 「猫の動きに効果音つけるのウゼェ~~」
  • 「トコトコトコ ン? ペロペロペロペロ バッ」
マムロン(世界一の猫。のりお先生の愛猫。名前の由来はフランス語で「乳首」)
(のりお先生のお姉さん。←姉。『子供学級』2巻のおまけ漫画以来の出演)
  • 「元々はマロンって名付けたけど、マムの方が呼びやすいからマムロンになったんだっけ?」

コメント

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶

先頭に戻る