こちら彼女、机の下。
こちらかのじょ つくえのした。
『こちら彼女、机の下。』
掲載号週刊少年チャンピオン
2005年9月25日増刊号 元祖!浦安鉄筋家族増刊プラス1(2005/08/16)
収録巻未収録
ページ数12ページ
備考
関連記事

概要

「元祖!浦安鉄筋家族増刊プラス1」に掲載された読み切り作品。『こちら彼女、校門前。』の続編である。『子供学級』の連載終了後&『みつどもえ』の連載前に掲載された(※1)
続編ということで、主人公は『こちら彼女、校門前。』と同じく小田切風華。ただ本作はサイレントではなく、普通に台詞のある漫画となっている。内容はまたしても遅刻してきた風華がこっそり教室に忍び込んで起こるハプニング劇。絵柄的にはそれまでの作品と比べてかなり線がすっきりとしており、キャラも可愛らしいものとなっている。
(※1) 『子供学級』連載終了は2005年3月、『みつどもえ』連載開始は2006年3月。本作はその空白期のちょうど中間頃に当たる。

あらすじ

導入部の遅刻しそうになる風華&男子のパート(1~4P)と、教室に忍び込んでからのパートに分かれている。
  • 遅刻しそうな風華と男子。バカップルっぽい。校門が閉まりかけるが、今度は滑り込みでセーフ。
  • イチャつきながら登校してきた二人だが、ビリ争いを巡って男子が裏切り。
  • 怒りの風華が全力疾走。男子に追いつくが、スカートめくりされた隙に再び追い抜かれる。
  • 教室前で男子を仕留め、ビリは免れた風華。しかし既に授業は始まっており、とっくに遅刻。
  • そこで風華は教室にひっそりと忍び込む。机の下をくぐりながら、自分の席を目指すことに。
  • 寝ぼけた女生徒が机の上の物を落としてくる。シャープペンが風華の目に刺さる。その女生徒は風華にくすぐられて笑ったのを怒られ、廊下に立たされる。
  • 隣の席で手を繋いでいいムードになっているカップル。イラッとした風華は女子の手にシャープペンを突き刺す。
  • すさまじい悪臭を放つガングロギャルのルーズソックスの横を通り抜ける。教室侵入後からこのあたりまでサイレント。
  • よそのクラスの先生が、逃げ出したウサギを探しに来る。それを受けて机と椅子を教室から出す事に。机と椅子の間に挟まったまま運ばれていく風華。
  • 廊下に出された机。その隙に脱出しようとするが、机の脚に靴下が挟まって抜けない。どかそうとするも、デブが上にいて動かせず。さらに放屁攻撃を食らう。失神。侵入前の状態に戻る。

データ

登場人物

  • 小田切風華
  • 風華の彼氏(?)
  • 3-2のクラスメイト
  • メガネの先生 ほか

登場場所

  • 午後は○○中学校(校門・昇降口・階段・廊下・3-2)

作者キャッチ

帰ってきたギャグ・ビースト

アオリ文

伝説のギャグ、⏎ここに復活!!

アオリ文(柱)

覚えてます?この子、2年前のギャグ増刊で校門にはさまってました…!!

オクリ文

桜井のりお先生は⏎週刊少年チャンピオン⏎にて連載準備中!!⏎お楽しみに♡

作者コメント(柱)

麦茶片手にこの増刊号読むのが夏の醍醐味です。仕事しろよ!!

アラカルト

  • 張り紙などの細かいネタはほとんど無し。本筋のネタで笑わせようという姿勢が感じられます。
  • パンチラどころか「パンツ丸出し」(※はいている)のシーンがあります。サービス!?
  • 風華と彼氏らしき男子の関係が、野球部の選手(盗塁王という台詞から)とマネージャーであることが明らかに。

コメント

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶

先頭に戻る