しゅんぽんよこい はやくこい 55卵性『春本よ来い 早く来い』     エピソード

55卵性『春本よ来い 早く来い』
掲載号週刊少年チャンピオン
2007年33号(2007/07/12)
収録巻3巻
ページ数7ページ
おまけ4コマ漫画「おとなのじじょう」
アニメ化1期第9話(5巻)の1話目に収録
備考
関連記事

あらすじ 演出やシナリオ…様々な要素が合体し 熱いエナジーを感じる……高尚な芸術なの!!

準備中です。

データ

扉絵

開いた本の上で女の子座りをするひとは。それを背後から覗き込もうとしている千葉

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

好きなんです、それ。⏎男の子も……⏎女の子も……。

オクリ文

誰か矢部っちと⏎ひとはのスイッチ⏎押したげて!!

作者コメント

近所のコンビニのアイス売り場はシャーベット系が幅を利かせすぎている。

台詞

  • 「いつもは平然と教室内でエロ本を熟読しているというのに……なんとなく興奮しているように見える」(千葉
  • 「ガチレン好きがこんな所にいたなんて…うれしい…語り合いたい…」(ひとは
  • 「今日の三女は一味違うぜ…」(千葉
  • 「おっぱいですよ おっぱい!!」(千葉
  • 「やはり…この人 ガチピンクや女幹部の胸しか見ていない……男はいつもそう…」(ひとは
  • 「バカにしないで!! 演出やシナリオ…様々な要素が合体し 熱いエナジーを感じる……高尚な芸術なの!!」(ひとは
  • 「…俺が間違ってました…」「わかってくれるとうれしい」(千葉ひとは
  • 「私はやっぱり一発でガツンといくタイプの技が好き」(ひとは
  • 「そう…なんだ… じゃあ私で試してみていいよ」(ひとは
  • 「ただ ひたすら鍛錬を重ねてきた俺の秘技が……ついに実践に移せるとは…!!」(千葉
  • 「そうだ…先生も好きなの(仲間)」「はぁ…(でしょうね)」(ひとは千葉
  • 「記念すべき初の実践が野郎だなんて……ちくしょおお」(千葉

キーワード

アラカルト

  • サブタイトルの元ネタは、童謡『春よ来い』の歌詞、「春よ来い、早く来い」から。
以下は準備中です。

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: