ひとくいはうす 50卵性『人食いハウス』     エピソード

50卵性『人食いハウス』
掲載号週刊少年チャンピオン
2007年28号(2007/06/07)
収録巻3巻
ページ数8ページ
アニメ化1期第13話(7巻)の3話目に収録
備考佐藤あかりが初登場。
関連記事

あらすじ 変態教師め…ぶち殺す!!

家庭訪問中の矢部は試練の時を迎えていた。丸井家。一筋縄ではいかない相手であることは確実である。そして案の定というべきであろうか。家に保護者の姿はなく、彼を出迎えたのもひとは一人。二人きりで話題もなく、ただ気まずい時間だけが過ぎていく。保護者の件についてひとはに抗議をしても、ぞんざいにあしらわれるばかりでラチがあかない。こうして居たたまれない時を過ごす矢部だったが、の姿を見つけてはしゃぎ出す。猫を愛でようとひとはに迫る矢部。しかし彼は知らなかった。そんな彼の様子を見ている者がいたことに。
居間を出た矢部は、金属バットを抱えた不審な男が家に侵入していることに気付く。男は明らかに殺気立っていた。声に気付いたのかこちらを睨む視線。矢部はひとはを腋に抱えて逃げ出す。そしてせめてひとはだけは守ろうと、三つ子の部屋で男を待ち構える。しかし男の迫力に怯えた矢部は、こともあろうかひとはの隠れているベッドの中に逃げ込む。代わりにベッドから出てきたひとはは、男に確保される。ようやくその男がひとはのであることを知って安心した矢部。のうのうとベッドから出てくるが、その時彼が見たのは仁王のごとく憤怒の相でこちらを見下ろす父の姿であった。先の失態のせいか、ひとはもフォローしてくれない。もはや彼に逃げ道はなかった。丸井家に矢部の悲鳴が響き渡る。

データ

扉絵

意を決したような表情で丸井家の前に立つ矢部

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

なんとなく⏎緊張します。

オクリ文

問題はアナタです。

作者コメント

単行本2巻がまもなく発売です。1巻よりちょっぴりお得。是非是非。

台詞

  • 「あつかましいなぁ………」(ひとは
  • 「どうぞどうぞ」「心を読まないで!!」(ひとは矢部
  • 「もうやめてください 触らないでください」「いいじゃないの ちょっとだけ 触らしてよ~~」(ひとは矢部
  • 「変態教師め…ぶち殺す!!」(草次郎
  • 「ごっ…強盗…!? えらく殺気立ってる…」(矢部
  • 「いい!? 布団から出てきちゃダメだよ!!」(矢部
  • 「やっぱり怖いよーー!!」(矢部
  • 「パ…お父さん…」(ひとは
  • 「はっ……いや…これはその…つい…」「つい?」(矢部草次郎
  • 「あの…聞いてください…ボクはひとはちゃん達の担任教師なんです」「なお悪いわ!!」(矢部草次郎
  • 「三つ子んちで何があったんだよ…(想像はつくけど)」(佐藤

キーワード

  • 家庭訪問
  • みんなのうた
  • もふもふ
  • 変態教師
  • 金属バット
  • 強盗
  • ベッド

アラカルト

  • サブタイトルの元ネタは、米の3Dアニメ映画『モンスター・ハウス』、もしくは漫画『ドラえもん』のエピソード「人食いハウス」。
以下は準備中です。

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: