しょうせいはかごめ 45卵性『小生は加護女』     エピソード

45卵性『小生は加護女』
掲載号週刊少年チャンピオン
2007年22+23号(2007/04/26)
収録巻3巻
ページ数7ページ
おまけ4コマ漫画「おっぱい」
アニメ化1期第8話(4巻)の4話目に収録
備考
関連記事

あらすじ よし!! それじゃあママを探すの手伝ってあげるっスよ!!

デパートに買い物に訪れた三つ子ひとははマッサージ機、みつばは体脂肪計、そしてふたばはダンベルと自分の興味のあるもので思い思いの時間を過ごしていた。ところが落とした弾みで、ふたばの持っていたダンベルが転がり始めてしまう。無軌道に転がり回るダンベルを追いかけ回すふたば。ダンベルはやがて小さな男の子にぶつかって止まったが、男の子は大声で泣き出してしまう。痛かったのではなく迷子になっていたらしい。はぐれたママを探そうと男の子を肩車したふたば。それが楽しかったのか、男の子は迷子だったことも忘れてはしゃぎ出す。そして乗せられたふたばも調子に乗って、デパートの外にまで駆け出して行ってしまう。気が付けば見知らぬ場所。帰り道も分からない。
こうして二重遭難状態になってしまったふたばたち。泣きわめく男の子にふたばは慌てるが、道路にママの似顔絵を描いてあやす。泣き止んだ男の子はそのまま安心したように眠りについた。一方、デパートの迷子センターにはみつばたちの姿があった。ふたばたちが隣町の道端で一緒に眠っているところを見つかったと連絡を受ける。男の子を連れ回したことをママに詫びるふたば。それでも男の子が喜んでいる様子を見たママにはお礼を言ってもらうことが出来た。しかし親子の帰り道。おっぱい丸出しの自分の似顔絵を見たママは前言撤回するのであった。

データ

扉絵

あぐらをかいてかずやを抱きすくめるふたば

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

必ずお護り⏎いたします…!?

オクリ文

寝心地いいかも。

作者コメント

GWは大掃除を始めたい。終わらせる自信はない。

台詞

  • 「まったく悪いダンベルっス!! このっ!!」(ふたば
  • 「よし!! それじゃあママを探すの手伝ってあげるっスよ!!」(ふたば
  • 「ふたば どこ行ったのよ 自分の住所も言えないのに!!」(みつば
  • 「足マッサージが気持ちよくて…」(ひとは
  • 「ちょんまげのバカーーー!!」(かずや
  • 「逆ギレされあーー!!」(かずや
  • 「一緒に道ばたですやすや眠っていたそうです」(迷子センターの店員)
  • 「どれだけ私に恥をかかせれば気がすむのよ!!」(みつば
  • 「二度とあんな子と遊んじゃダメですからね!!」(かずやの母)

キーワード

  • SADY
  • ダンベル
  • 体重計
  • 迷子
  • 住所
  • 足マッサージ
  • ちょんまげ
  • 逆ギレ
  • 似顔絵
  • となり町
  • トップレス

アラカルト

  • サブタイトルの元ネタは、同時期に週刊少年チャンピオンに連載されていた漫画『私は加護女』(高橋葉介・近藤豪志)
以下は準備中です。

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: