ちくびけんおとながい 3卵性『乳首券大人買い』     エピソード

3卵性『乳首券大人買い』
掲載号週刊少年チャンピオン
2006年18号(2006/03/23)
収録巻1巻
ページ数8ページ
アニメ化1期第1話(1巻)の3話目に収録
備考チクビの名前が決定。
関連記事

あらすじ チクビが…チクビが…立った!!

丸井3姉妹の三女・ひとは。これは彼女に訪れた運命の出会いのひと幕である。
矢部がクラスに持ち込んで飼い始めたハムスター。自らが名付け親にもなったひとはは、そのハムスター…チクビの世話を熱心にするようになっていた。その活動を通じて、彼女の人を寄せ付けない暗いオーラもいくらか薄れたように思えた。情操教育の狙いが功を奏したと言えよう。しかし数日後、思わぬ問題が発覚する。チクビの元気がないというのだ。環境の変化や触られすぎて疲れてしまったのかもしれない。面倒を見ていた責任感もあってか落ち込んだ様子のひとは。そして矢部はひとはにある相談を持ちかけられる。
その相談とは、チクビを自宅で飼うというものだった。チクビの身を案じての提案だったのだろうが、クラスメイトたちからは当然反発の声が上がる。いくら世話をしているうちに情が移ったからといって、独り占めは許されない。ブーイングの嵐を受けるひとは。その中でひとはは、自分だけではなくみんながチクビのことを好きなのだと気付いた。ためらいながらも、チクビをみんなに委ねることを受け入れたひとは。これにて一件落着。ただひとり、6年3組に対しておかしな誤解を抱いた栗山を除いては…。

データ

扉絵

ハムスターのゲージの中でくつろぐ三つ子たち。

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

三つ子の魂⏎百まで…!?

オクリ文

なし

作者コメント

小学六年生で習う算数の問題が見事に解けなくてビックリしました!><

台詞

  • 「グシャッってしたい…グシャッって…」(みつば
  • 「ここの…しっぽの部分を目ぇつぶって触ると…チクビっぽいっス!!」(ふたば
  • 「チクビ…」「気に入ったみたいよ」(ひとはみつば
  • 「あの…その…なんか… チクビがヘンなん…スけど…」(ふたば
  • 「みっちゃんが圧力をかけたからっス!!」(ふたば
  • 「うひょう」(ふたば
  • 「よくわかんねーけど三つ子で最強は三女かよ…」(佐藤
  • 「チクビはうちで飼う。」(ひとはの板書)
  • 「みんながよってたかって撫でたり…強くつねったりするから…」「敏感になって…私のチクビをみんなが…弄ぶからっ…」(ひとは
  • 「チクビが大きくなるまで見てたい!!」(女子 ※虻川か?)
  • 「チクビが…チクビが…立った!!」(クラスメイト一同)
  • 「へ…変態学級ーー!!」(栗山

キーワード

  • ハムスター
  • グシャッ
  • むふー
  • ばびょーん
  • ピコピコ
  • エロ姉妹
  • エロ本
  • オーラ復活
  • がびょう
  • いんらんナース
  • チー
  • 変態学級

アラカルト

  • サブタイトルの元ネタは、少年漫画において「乳首を描写すること」を許可されるという『乳首券』から。乳首券の語源は漫画『へなちょこ大作戦Z』(西本英雄)とされる。
  • 4・5ページ目で貼り出されている絵は、「極上生徒会キャストインタビュー#009」で声優の斎藤千和さん(杉崎役でもお馴染み)が描かれたイラストが元ネタになっています。
以下は準備中です。

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: