まじょのちょくそうびん 284卵性『魔女の直送便』     エピソード

284卵性『魔女の直送便』
掲載号別冊少年チャンピオン
2014年11月号(2014/10/11)
収録巻15巻
ページ数8ページ
アニメ化
備考
関連記事

あらすじ バカにしてる!? ようちな作戦だと!?

寝起きの矢部がチャイムの音にドアを開けると、そこにはオオカミ少女のコスも可愛らしいふたばの姿が。ハロウィンで来たのだと悟った矢部はお菓子を探すが、見当たらない。そのことを告げると、なぜかふたばに「もっとちゃんと見てっ!」と怒鳴られてしまう。もう一度確認してみると、そこにはふたばが書いたらしきいびつな文字が。いたずらの意図を読まれて焦ったふたばは、それがひとはの作戦だとバラしてしまう。いつの間に部屋に侵入したのやら、ひとはは湯船に潜んでいたらしい。ふたばの拳に壁ごとぶち抜かれてこしらえた特大のたんこぶより、いたずらの失敗を惜しむひとは。やれやれと矢部宅をあとにする。事前に回収しておいたせんべいをポストに返すと、失敗にもめげず、ハロウィンはこれからだと宣言する。
帰り道、折良く見つけたのはチーム杉崎の3人。新たなターゲットをハメるべく、ひとははふたばに作戦を伝える。そして3人がふたばに気を取られている隙に、背後のゴミ袋の中に忍び込んだひとは。絶叫と共に飛び出し、杉崎たちを驚かすことに成功する。気分もよく「ハッピーハロウィーン」。しかし収まらないのは杉崎たちだ。いたずら仕返してやると追いかけてきた彼女たちを、ひとはは「どうぞ我が家へ」と誘う。そう、それも予定のうち。家には十分な量のお菓子を準備してある……はずが、お約束通り、そのほとんどがみつばの胃袋に収まっていた。いたずらしてやろうと忍び寄る杉崎。その場は咄嗟に舐めかけのキャンディを渡して凌いで、ひと息ついたひとはだったが、宮下のひと言にハッとする。魔女っ子コスの背中のファスナーはお尻の方まで大胆に開け放たれていた。背中丸出しのその格好に、街行く視線も独り占め。ふたばにしてやられたことに気付き、「んむぎぎぎ」と悔しがるひとはだった。

データ

扉絵

魔女っ子コスのひとはと、カボチャの鍋に浸かるオオカミコスのふたば。

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

イタズラに⏎ご用心。

オクリ文

せんべいの恨み。

作者コメント

ベランダ栽培が最近の生きがい。もっと充実させて1人で楽しみたい。

台詞

  • 「ウフフ」(ふたば
  • 「もっとちゃんと見てっ!!」(ふたば
  • 「バカにしてる!? ようちな作戦だと!?」(ふたば
  • 「さあっハロウィンはこれからだよ!! お菓子をくれなければいたずらし放題という国際ルール…!!」(ひとは
  • 「ハッピーハロウィーン(わぁーっ)」(ひとは
  • 「あたしにもやれよ!!」(宮下
  • 「しめしめこんなこともあろうかと おうちにはお菓子をたくさん用意しておいたのだ…」(ひとは
  • 「しかし三女にしては大胆なコスだよなっ」(宮下
  • 「んむぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ」(ひとは

キーワード

  • おせんべい
  • ふたばちゃんの字
  • ひとはの作戦
  • ネタバレ
  • 湯船
  • ゴキブリ
  • たんこぶ
  • もにょもにょ
  • ダイエット中
  • ゴミ袋
  • ドキ ドキ
  • ペロペロキャンディ
  • ファスナー

アラカルト

外部リンク

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: