かんごくろっく 23卵性『監獄ロック』     エピソード

23卵性『監獄ロック』
掲載号週刊少年チャンピオン
2006年50号(2006/11/09)
収録巻2巻
ページ数8ページ
アニメ化1期第8話(4巻)の1話目に収録
備考
関連記事

あらすじ ぶわぁーーか

体育の時間にドロケイをすることになった3組。泥棒側になったみつばひとはは木陰に隠れながら作戦を練っていた。ところがその密談中、警官側のふたばに見つかってしまう。そこでみつばが取った行動は、事前の打ち合わせはどこへやら、ひとはを囮にして自分だけ逃げるというものであった。あまりに最低すぎるこの仕打ち。しかしふたばは囮には目もくれず、逃げるみつばを追い始める。体育倉庫に逃げ込み、辛くもこの追跡をかわしたみつばだったが、捜索中のふたばが暴れ回ったせいで跳び箱の中から出られなくなってしまう。助けを求めるみつばの前に現れたのは、よりによってひとは。先の仕打ちを思えば助けてくれるはずもない。ところが揉めているうちに倉庫の外から鍵を掛けられしまい、ふたり揃って閉じ込められることに…。
日が沈み始める時間になっても助けは来なかった。二人きりで気まずい雰囲気のみつばとひとは。そしてみつばはひとはの異変に気付く。ひとはは苦しそうにお腹を押さえていた。そのただならぬ様子を見たみつばは、意地を張っている場合ではないと覚悟を決める。とにかく脱出しなくては。扉を壊そうとバットを振るい始めるみつば。しかし時間は虚しく過ぎるばかりであった。そして二人とも限界を迎えた頃、ようやく救いの手は差し伸べられた。放たれた扉に気持ちが緩んだのかポロポロと涙をこぼすみつばに対して、ひとははひと言、こう答えた。「ぶわぁーーか」。

データ

扉絵

暗闇の中、焦った様子のブルマ姿のみつば

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

暗闇から⏎出られない!!

オクリ文

まぁ…元はといえばみつばが悪いからね…。

作者コメント

行きつけのお店が次々に閉店していきます。

台詞

  • 「なんで私が捕まんなきゃいけないのよ ぶわぁーーか」(みつば
  • 「走るのが 大好きだからっスよーーー!!」(ふたば
  • 「私が……助けると思う?」(ひとは
  • 「あーーもう!! 謝ればいいんでしょ!? はいはい!! ゴメンゴメン!!」(みつば
  • 「土下座してない」(ひとは
  • 「持ってないわよ ぶわぁーーか」(みつば
  • 「入り直して!!」「いやよ!! どんだけ頭悪いのよ私!!」(ひとはみつば
  • 「お腹とか…痛いの…?」「別に…」(みつばひとは
  • 「あーーーもう!!」(みつば
  • 「開いたわよ…もう大丈夫よ…!!」(みつば
  • 「ぶわぁーーか」(ひとは

キーワード

アラカルト

  • サブタイトルの元ネタは、米映画『監獄ロック』(1957年)およびその主題歌から。原題は「Jailhouse Rock」。
以下は準備中です。

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: