しんせつなかいえださん 211卵性『親切な海江田さん』     エピソード

211卵性『親切な海江田さん』
掲載号週刊少年チャンピオン
2010年50号(2010/11/11)
収録巻11巻
ページ数8ページ
アニメ化
備考
関連記事

あらすじ 全員旅立っていったわ…結婚という名の墓場にね…

準備中です。

データ

扉絵

山のような荷物を抱えた海江田

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

これでも色々⏎頑張ってるん⏎だから!!

オクリ文

次号はCカラー&アニメ特報よ!!

作者コメント

缶詰のやきとりをよく食べてます。

台詞

  • 「そうそう!! 女同士に友情なんてないのよ」(海江田
  • 「あと「三十路前」だから 「三十路前」!!」「バス停かよ」(海江田宮下
  • 「これがバブルの頃かー」(みつば
  • 「これはそう…アムラーとかが流行ってた頃ね」「えっ アラサー?」(海江田みつば
  • 「全員旅立っていったわ…結婚という名の墓場にね…」(海江田
  • 「この笑顔はもう戻らないのよね…」「自分に対して言ってんの?」(海江田みつば
  • 「もーやだ こいつら!! うちのクラスの子は口ごたえしないのに!!」(海江田
  • 「ちょっとした頼みごとから恋が芽生えることがあるかもしれないでしょうが!! 徹底的に摘み取っておかないと!!」(海江田
  • 「ただのパシリなのでは…」(みつば
  • 「もう…なにもかも うまくいかない…………」(海江田
  • 「海江田先生は今までで一番いい先生だよ!! 厳しいけど時々優しい所もあるし…」(小金井
  • 「結構慕われているのね」(みつば
  • 「風紀が乱れないよう身を挺すとは…教師の鑑………!! 娘の担任になっていただきたいぐらいです…!!」(紗江子
  • 「教師としての株は上がったわね」「理解者もできそうだし」(みつば杉崎
  • 「か…海江田先生が率先してエロイ技に…」(1組の面々)

キーワード

アラカルト

外部リンク

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: