じょうあいしょうせつか 166卵性『情愛小説家』     エピソード

166卵性『情愛小説家』
掲載号週刊少年チャンピオン
2009年52号(2009/11/26)
収録巻9巻
ページ数8ページ
おまけ4コマ漫画「とけてないごかい」
アニメ化ドラマCD(2期4巻)の2話目に収録
備考
関連記事

あらすじ どうしたらこんなエロ素晴らしいものが生み出せるのでしょうか!!

準備中です。

データ

扉絵

エロ本を読むひとはが気になる吉岡

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

吉岡家の⏎いろんな秘密が⏎明らかに…!?

オクリ文

次号は表紙&巻頭カラー&⏎2本立てで超重大発表よ!!

作者コメント

アイスをよく食べています。

台詞

  • 「そういえばさ 吉岡のパパって何してる人なの?」「ジゴロよ」(杉崎みつば
  • 「それが私には絶対見せてくれないんだよね 私が読むようなものじゃないとか………」(吉岡
  • 「ギャッ ひわいな単語が!!」(吉岡
  • 「子供の教育と旦那のエロスは別だよ」(ひとは
  • 「私…実は…こういう本には詳しいの」「でしょうね」「実は…じゃねぇよ」(ひとは杉崎宮下
  • 「ねー そんなことより出版社のパーティーとかあったら呼びなさいよ!!」(みつば
  • 「ああ あの破廉恥な…」「姉が破廉恥ですいません」(紗江子ひとは
  • 「なんの疑いもなく…」(宮下
  • 「友達とかじゃ…ないよ…」(ひとは
  • 「いいじゃん そこは友達で!!」「変な所で照れないでよ」(宮下杉崎
  • 「すごいよ吉岡さん ひわい界の大御所だよ…!!」(ひとは
  • 「すごいんだよ エロいんだよ」(ひとは
  • 「お父様に…ご挨拶がしたくて来ました」(ひとは
  • 「ずっと見ていたよ ずぅ…とね…」(純次
  • 「どうしたらこんなエロ素晴らしいものが生み出せるのでしょうか!!」(ひとは
  • 「あ…ファ…ファンなんです」(ひとは
  • 「軽く男女を見極めるとは…」「やっぱジゴロか」(杉崎宮下
  • 「プライドが高い上に小心者だから…」(紗江子
  • 「いつか…娘に面白いと言ってもらえるまでは…」(純次
  • 「………帰ろう」「今日のことは忘れましょ」(宮下杉崎

キーワード

アラカルト

  • サブタイトルの元ネタは、米映画『恋愛小説家』(1997年)
  • 以下は準備中です。

外部リンク

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: