みつどもえ なかよしだいさくせん 『みつどもえ 宮下仲良し大作戦★』 エピソード

『みつどもえ 宮下仲良し大作戦★』
収録巻16巻巻頭カラー
ページ数2ページ
アニメ化
備考
関連記事

あらすじ おらおら

292卵性の後日談。名前付けの経緯から相変わらずチブサに嫌われている宮下は、好感度を挽回すべくご機嫌取りアイテムを持参して丸井家に乗り込んでくる。宮下の目論見はチブサを適当に手懐けたところで、匂いで自分のことを覚えてもらおうというもの。走って汗まみれになった自分の腋をチブサに嗅がせる宮下。だが匂いが過剰すぎたのか逃げられてしまう。作戦失敗かと思われたが、逃げたチブサが身を落ち着けたのはなんと宮下が脱いだパーカーのフードだった。この状態のまま着用すれば、めでたくチブサと親密な仲になれるはず。そこでチブサを起こさないように仰向けでパーカーを羽織る宮下。しかし体を起こした時、チブサは背中の下にすり抜けていた。こうしてブリッジの体勢のまま動けなくなった宮下。まだまだチブサの心は掴めないようである。

データ

扉絵

なし

登場人物

登場場所

台詞

  • 「邪魔するぞーーッ」(宮下
  • 「チブサと仲良し大作戦☆」(宮下
  • 「嫌われてるからね」(ひとは
  • 「猫はニオイで相手を覚えると聞いたぞ」(宮下
  • 「おらおら」(宮下
  • 「匂い過多だよ」(ひとは
  • 「ちょ…どかして…」(宮下
  • 「安らかに眠ってるから…」(ひとは

キーワード

  • 猫じゃらし
  • 匂い
  • 汗だく
  • 匂い過多
  • パーカーのフード
  • よいせよいせ
  • ブリッジ

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: