みつどもえ しみんぷーるのかい 『みつどもえ 市民プールの怪』 エピソード

『みつどもえ 市民プールの怪』
収録巻11巻巻頭カラー
ページ数2ページ
アニメ化
備考
関連記事

あらすじ 喋ってることがわからないと…素晴らしい世界になる…!!

197卵性のビフォアストーリー。市営プールにやって来たひとは松岡。初めての市営プールに松岡は興奮気味……と言っても、レジャースポットとしてではなく、霊的スポットと見なして喜んでいるだけである。そこへ合流してきた佐藤たち。厄介な松岡と関わりを避けようと言う佐藤に対し、千葉は音楽プレーヤーを大音量で流して話を聞いていない。千葉はきゃっきゃとはしゃぐ女子の背中を見ながら語る。話の内容がわからなければ、そこには素晴らしい世界が広がっているのだと。だがこの世紀の発見をした彼も、松岡の筋金入りのオカルト脳までには想像が及ばなかった。まさか「音量」が「怨霊」に変換されるとは。こうしてまたひとつ、松岡の供養の犠牲者が増えたのであった。

データ

扉絵

なし

登場人物

登場場所

台詞

  • 「わあーっ 灯籠流しみたい!!」(松岡
  • 「なんか面倒なのいるな」(佐藤
  • 「考えてみれば人混みには寄ってくるっていうし…水場だし…お盆だし…これほど霊が集まりやすい場所もないわね なんで今まで来なかったんだろう」(松岡
  • 「友達いないからでしょ」(ひとは
  • 「喋ってることがわからないと…素晴らしい世界になる…!!」(千葉
  • 「あの人死んでるんじゃない!?」(松岡
  • 「指を差さないで」(ひとは
  • 「えーと…もちろん!!」(千葉
  • 「iPudに怨霊なんて憑くわけねーだろ!!」(佐藤

キーワード

  • 灯籠流し
  • とてちて
  • iPud
  • 世紀の大発見
  • ぺし
  • 音量
  • 怨霊
  • 供養

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: