なつのわたし 105卵性『夏のわたし』     エピソード

105卵性『夏のわたし』
掲載号週刊少年チャンピオン
2008年34号(2008/07/24)
収録巻6巻
ページ数8ページ
アニメ化
備考
関連記事

あらすじ でも 自分の絵がひとつもないじゃないの

準備中です。

データ

扉絵

麦わら帽子を被るひとは

柱紹介

登場人物

登場場所

アオリ文

夏の思い出を⏎描いてみたの。

オクリ文

自分の絵が描けて⏎良かったね。

作者コメント

100回記念や誕生日のいろいろな贈り物、本当にありがとうございました。

台詞

  • 「…これじゃあ雌豚飼育日記だよ……… 杉崎さんに高値で売れそう…」(ひとは
  • 「私は…何をやってるんだろ…」(ひとは
  • 「ぬぐぅ… 意外とファンシーな絵を………」(みつば
  • 「でも 自分の絵がひとつもないじゃないの」(みつば
  • 「いってきますのチュー?」(ふたば
  • 「釣る… ザリガニ… 私も…」(ひとは
  • 「お前んち 食料難なの?」(千葉
  • 「てめぇの食糧ぐらいてめぇで釣れ!!」(千葉
  • 「私のザリガニ!!」(みつば
  • 「ひと!! この辺が穴場だよ!!」(ふたば
  • 「ほらっ ひとはが釣ったんスよ!!」(ふたば
  • 「で フライにする? それともボイル?」「だから食べないって」(ふたばひとは
  • 「まぁまぁ楽しかったと思います まる」(ひとは
  • 「もういいよ!! みっちゃん絵 描いちゃダメだよ!!」「やっぱり構えが上手く描けないわね…」(ひとはみつば

キーワード

アラカルト

  • サブタイトルの元ネタは、アニメ化もされた漫画『夏のあらし!』(小林尽))
  • 以下は準備中です。

外部リンク

みつたまレビュー▾ 開く

※レビューはコミックス収録後に書きます。

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: