茂雄
しげお
杉崎の父のいとこに当たるおじさんで、職業はカメラマン。杉崎家に連なる者だけあって、ポンと札束でお年玉を渡せるくらい経済的には裕福。
龍太と最後に会ったのが2~3歳の頃、杉崎とも会うのが5~6年ぶりと話していたように、しばらく縁遠い親戚だった模様。杉崎の容姿もあやふやだったらしく、みつばのことを杉崎だと思い込んでいた。一方で杉崎の方も彼のことを覚えておらず、名前を聞いても思い出せずにいた。
写真のモデルとして杉崎(実はみつば)を撮影するために杉崎家を訪れた彼だったが、どこか怪しげな風貌のせいか、ポルノ的な写真を撮るつもりなのではと杉崎に誤解されてしまう。しかし当の杉崎もストーカー兼みつば専属カメラマンとして盗撮の腕を磨いているわけで、やはり血は争えないのである。

台詞

コメント

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶

先頭に戻る