犬口
いぬぐち
6年3組のクラスメイトの男子。その名前が示すとおり、どことなく小型犬っぽいあどけない顔立ちをしている。寝グセのように髪が少し跳ねている。文句も言わずに(むしろ進んで?)みつばの椅子代わりになっていた(*1)ように、日頃からみつばの「犬」としてイス係の役目を果たしていたようだ(*w1)。この様子はコミックス1巻の裏表紙にも登場しているほどだが、それ以外での出番はない。無口な性格なのか、これまでのところ台詞もない。みつばには「やや暗い」と評されていた(*321)。アニメ版では漫画よりも出番が多く、比較的厚遇されていたとも言える。名字の設定もアニメからの逆輸入である。

コメント

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶

先頭に戻る