扉絵ランキング(2014年) シリーズ

1位:丸井みつば 18.0pt(10回) (1/1/1/1/1/1/1/1/1/1/1/1)→
2位:丸井ひとは 14.5pt(8回) (-/-/7/3/3/2/3/3/2/2/2/2)→
3位:丸井ふたば 12.0pt(9回) (-/-/2/2/2/3/2/2/3/3/3/3)→
4位:緒方愛梨8.0pt(4回) (2/5/7/8/3/4/4/5/5/4/4/4)→
5位:杉崎みく6.0pt(3回) (1/2/3/3/5/5/5/6/6/6/5/5)→
6位:吉岡ゆき5.0pt(2回) (-/-/-/-/-/5/5/4/4/5/6/6)→
7位:宮下3.5pt(2回) (-/2/3/3/5/5/5/6/6/6/7/7)→
8位:伊藤詩織2.5pt(2回) (3/5/7/8/9/10/10/10/10/10/11/8)↑
8位:加藤真由美2.5pt(2回) (3/5/7/8/9/10/10/10/10/10/11/8)↑

短評

1月号

本年度最終号。カラー扉に三つ子が揃って登場したことで、ひとはの逆転もなりませんでした。今月号はおがちんが主役でしたしね。そのおがちんは総合4位と三つ子に継ぐ健闘を見せました。また伊藤・加藤のふたりもポイントをゲットして8位に食い込んできました。伊藤さんは2007年以来の、加藤さんはこれが初めてのランクインです。おめでとうございます!
ということで、2014年度の主役は丸井みつばさんでした。「今年はもちろん、来年も主役はこの私よ!」というみっちゃんの高笑いが聞こえてくるようです。

12月号

2014年のランキングもいよいよオーラス直前。その12月号では上位のキャラが登場せず、ランキングに大きな変動はありませんでした。285卵性『みつばニュースの天才』では杉ちゃんがピンを飾り、吉岡さんを抜いて5位に浮上。また千葉ママが遅ればせながら今季初登場を果たし、ベスト8に飛び込んできました。
優勝は十中八九みっちゃんに決まりですが、唯一ひとはが逆転の可能性を残しています。奇跡の扉絵2連発が来れば…の話ですがw

11月号

11月号ではひとは・おがちんがポイントを伸ばしたものの、トップ3に順位の変動は無し。おがちんが吉岡さんに代わって4位に浮上しました。昨年2位の松岡さんは、初のベスト8陥落の危機を迎えています。今年はいまだピンでの扉絵なし。主役回だった10月号で扉絵を飾れなかったのが痛かったかもしれません。
   

この記事にコメントする

名前 URL 情報を記憶: